テオフィモ ロペス wiki 10

18-11-2020

  俺はロマチェンコが僅差で勝ったと思いましたけどね インターネットにボクシングの素晴らしさを刻み込みます。詳細はこちら. 僕はもう少しロペスが置いてきぼりを食うかなぁと思っていたのだが、予想以上にロマチェンコの動きを捉えていたことに驚いた次第である。   僕のガバガバ採点では115-113、もしくは116-112でロペス。ロマチェンコが勝っていたという声が多いようだが、むしろ僕にはロペスが前半の貯金を守り切った試合に思えた。 多くの方が前半KOならテオフィモ・ロペス、判定ならロマチェンコ、どちらかといえばロマチェンコ有利と予想(僕も)していたと思うが、結果はまさかのロペス判定勝利。もっとも可能性が低いとされていた結果に割と驚いている次第である。 ボクシングの4団体世界ライト級王座統一戦が17日(日本時間18日)、米ラスベガスで行われ、ibf世界ライト級王者テオフィモ・ロペス(米国)が、3団体同級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に3-0の判定勝ち(116-112、119-109、117-111)した。

何となくだが、かつてニコラス・ウォータースがやろうとしていたことを今回のテオフィモ・ロペスが具現化してくれた気がする。. あからさま過ぎる気が…。採点方法を変えるなら加点方式だろうな, 試合の感想だが、今回はテオフィモ・ロペスのロマチェンコ対策が素晴らしかったのと、スピード&パワーはやはり大正義だなと思わされる試合だった。     さて、いよいよ今年最大のビッグマッチともいわれるワシル・ロマチェンコvsテオフィモ・ロペスの一戦!, ベルランガはかなり体躯が大きく、ボクシングもしっかりしています。スピードもあり、これまで14連続1RKOという記録を打ち立てていますが、ゴングと同時に倒しに行くというスタイルではありません。この1RKOは、パンチ力というものは勿論、相手が弱みを見せた瞬間に襲いかかる、チャンスにおける嗅覚というのが秀でている結果なのかもしれません。, 初回ゴング、ベロウズもなかなかに素早いですが、パンチは打ちっぱなしでガードが空きがちです。これまでKO敗けがないベロウズですが、ベルランガ相手にはこれは危ないのではないでしょうか。, ベルランガは力を込めてパンチを放っていきますが、スピードもあり、隙も少ない。1分過ぎから攻勢にでたベルランガ、一発一発日からを込めて打つスタイルですが、かなり的確に当てていきます。, 相手はガードの上から効いてしまうので、守勢にまわってしまうとどうしようもないかもしれません。ベルランガがラッシュから左フックを当て、ベロウズがふらついた所でレフェリーがストップ。, ベルランガは一発のパンチが強いですが、それが連打で打てる、そしてアングルも多彩。これは相対するとかなりやっかいですね。1RKOというのは試される部分も少ないため、まだ評価は定まりません。そろそろ名のある相手が必要ですね。, 初回、バルボサがサウスポースタイルでスタート。サウセドがプレスをかけますが、バルボサはあまり足でかわさずにサウセドの踏み込みに対してストレートで対抗します。早くも近い距離でパンチを交換しあい、好試合の予感です。, 2Rもバルボサはサウスポーからスタート。サウスポーのバルボサは左ストレートから入るパターンが有効。しかしサウセドが前に出て、ややサウセドの距離のように思います。両者ともに手数が多く、ずっと打ち続けます。, 3R、バルボサが少し闘い方を変えたか、オーソドックススタイルから速いジャブを多用、ステップも滑らかに刻み始めます。サウセドのプレスに負けじとアグレッシブに攻め続けるバルボサ。, 4R、変わらずサウセドはプレス。バルボサはスイッチしながらストレート系のパンチをノーモーションで突き刺します。しかし両者ともすごい手数です。, 5R、バルボサがサイドステップを使い、上手く闘います。特にワンツーのあとの左ストレート、この3つ出すコンビネーションを上手く当てます。サウセドは体ごと突っ込んで距離をつぶしますが、なかなか手が出ません。, 6R、苦しくなってきたサウセドですが、ここはチャージのラウンド。これまでよりも更にプレスを強め、接近戦を仕掛けます。これが奏効し、先程のラウンドと違いたくさん手数が出ます。サウセドは近い距離での打ち合いが非常にテクニカルで、ここに活路を見いだせそうです。, しかし、このラウンド後半にはまた手数が減ってしまい、なかなかバルボサの懐に踏み込めません。, 7R、バルボサのフックをかわしたサウセド、左フックを当て前へ。ここでバルボサがダウン!と思いましたが判定はスリップ。, 8R、前ラウンドでダウンを取られたバルボサ、ポイントを意識してか積極果敢に手を出します。非常にエキサイティングな打ち合い!9Rにもバルボサの右ストレートがヒット、サウセドはバルボサのスピードに対してガードを固めてしまい、手が出ません。, ファイナルラウンド、バルボサが先程のラウンド同様、かろやかなステップからスピーディなコンビネーション。サウセドもこれが最後と気合を入れて攻め込みます。, ハーフタイム、左フックの相打ち!バルボサの方がダメージがあるように見えましたが、サウセドも攻め込む事はできませんでした。, 素晴らしい闘いとなったこのセミファイナル。ともに好戦的であり、距離も似たようなものです。至近距離ではサウセドに分があるように見えましたが、バルボサはジャブ、ストレートを上手く突き刺し、更にステップワークを織り込んで至近距離で闘うのを極力避けました。, そしてこの激戦区、スーパーライト級の世界ランカー対決を経て、おそらく次期世界挑戦者としての地位を確立したと思われるアーノルド・バルボサJr。これからも楽しみなボクサーです。, 初回、ロペスはプレッシャーをかけ、速いジャブで様子を探ります。ロマチェンコはステップと上体の動きのみで相手を観察。ロマチェンコはロペスの一発を警戒し、まずはかなりディフェンシブな闘い方です。, ロペスのハンドスピードはかなり速いですね。ロマチェンコは速いというよりも動きの効率が最短で効率が良い。, 2Rに入ってもロマチェンコはまだロペスを観察。ロマチェンコはテクニカルに左のダブルを当てますが、ロペスはケロリとしていますし、全く気に留めない様子です。その後もロマチェンコのコンビネーションがロペスにヒット?速すぎて見えません。, 3R、まだ慎重に闘うロマチェンコ。。。ロペスは常にプレスをかけ続けますが、ロマチェンコはまるでタッチゲームのようなボクシングです。ロペスは右をボディに持っていくのですが、これは顔面へ打つよりも届く確率が高く、有効に見えます。, ともにクリーンヒットはほぼないですが、ロペスの左目付近は腫れてきているようです。時折出すロマチェンコの右フックが当たっているようです。, 4R、ロマチェンコはいつものサイドステップを駆使した波状攻撃が出せません。これはロペスのパワー、プレッシャーがそうさせるのでしょう。時折攻めるロマチェンコですが、ロペスはそのスピードに動じることなく対応しますので、それ以上踏み込めません。, 5R、相変わらず手が殆ど出ないロマチェンコ。これは大丈夫なのでしょうか。。。?どんなファイトプランかわかりませんが、パンチを出さなければポイントは奪えないような気がします。, ロマチェンコは警戒しすぎなのか、ほとんどの時間をディフェンスに使い、時折ロペスの打ち終わりにジャブを当てます。しかしこの闘い方ではロペスを疲れさせる事もできないと思われますが。。。, 6R、もう半分!アクションが少なく、凡戦といっても差し支えないと思うのですが、緊張感はものすごいという不思議な試合でもあります。あっという間に時間が過ぎていきますね。, ロマチェンコはロペスの攻撃をほぼ見切っているように見えます。最小の動きでロペスの攻撃をかわし、いなし、ガードします。しかしロマチェンコもほぼジャブしか当たりませんし、稀に当たるストレートも浅い。, ロペスがジャブを打った直後にロマチェンコがジャブを返すのですが、そのタイミングは素晴らしいですね。そこから攻められればもっといいのでしょうが、警戒心の強いロマチェンコはそれ以上は行きません。, 7R、ロペスが速いコンビネーションをロマチェンコに打ち込みます。右ボディはロマチェンコにしっかりと届き、当たりませんが右アッパーは危険なタイミングで出されます。, 8R、いよいよロマチェンコが前に出てきます。ここでロマチェンコはショートの左を当てますが、その後バッティング。攻め時でしたが。。。, ロマチェンコが前に行くのに合わせてロペスの右ストレートが繰り出されます。ロマチェンコはガードしますが吹き飛ばされるというパワーの差。, しかしロマチェンコはここからこの試合初めての波状攻撃をロペスに打ち込み、攻勢をアピールします。これぞロマチェンコ!, 9R、活発になってきたロマチェンコ。左ストレートを多用するようになってきます。しかしここでロペスのカウンターもヒット。ロペスは体が強く、ロマチェンコのジャブでは全く止まらない辺りが非常に怖いです。, 10R、ロマチェンコがプレッシャーを与えていきます。ジャブを打ってサイドから攻め、近い距離でパンチが交錯。ロペスはストレートで押しのけ、右アッパーを狙いますがロマチェンコのジャブで顔を跳ね上げられる事数度。, 11R、早くもチャンピオンシップラウンドに突入。ロマチェンコはプレッシャーを強め、ロペスがロープにつまる場面も。ロマチェンコが強いジャブを起点にコンビネーションで攻め込み、ロペスが一発返してロマチェンコを押しのけるという展開。, ロマチェンコらしさは全開。しかしロペスは負けじと返し、ボディはやはり効果的に見えます。, ファイナルラウンドもロマチェンコがプレッシャーをかけます。それでもロペスの攻撃力はまだ健在なため、警戒を怠りません。特に顔面への攻撃は、12R通じてほとんどもらっていないと思いますが、逆に言うと1発でも当たると非常に危険なのでしょう。, ガードの上からでもダメージを与えられそうなロペスのパンチ、そのパンチ音も含めて見栄えが良いのかもしれません。, テオフィモ・ロペスの12R判定勝利(116-112、118-109、117-111)。, この判定を聞いて、非常にびっくりしました。前半は、クリーンヒットが少なかった、というかほぼなかったロペス。あまりにも少ない手数のロマチェンコ。どちらに割り振るか非常に難しい前半でした。, 私は8R以降は、ロマチェンコが支配したといっていいと思うのですが、その前のラウンドについてはどちらに割り振ってもおかしくない、とも思います。, なので、ロペスびいきの判定をしたとしても、個人的には許容範囲は116-112までですね。。。, ただ、2Rや6Rもロマチェンコに与えて良いようなラウンドだと思っているので、私はドローが妥当かと思っています。いわゆる地元判定に近いものだと感じてしまいますが、どうなんでしょうか。(私はユーリ阿久井政悟vs藤北誠也を結果を知らずにBOXING RAISEで観戦するために10/19までネット断ち状態です。), ロマチェンコを応援していた私としては、私がネットを見た時には採点の問題で物議を醸していることを少し期待しておきます。, フィジカルに勝り、スピード、パワーともに素晴らしかったロペス。ロマチェンコの最短距離で飛んでくるパンチに対しても反応も良かったですし、慌てず、一歩も退かず、ほとんどの時間を前に出続けました。, そしてロマチェンコ、敗けたとはいえこれまでの偉業がなかったことにはなりません。そして、警戒しすぎたという感じはありますが、スーパーフェザー級がベストとも言われるロマチェンコ、大きい相手に対してよく戦ったと思います。, ロペスが勝つとは本当に思っていなかったので、本当にビックリです。そして私も勿論大好きなロマチェンコ、正直とてもショックです。, 信太です!いちボクシングファンとしてボクシングを楽しみつつ、アマチュアボクシングのコーチをしています!, boxingcafeさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog

All Rights Reserved.

  ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)

【ボクシング勝敗予想アンケート・投票】   ライト級統一戦ロマチェンコvsテオフィモ・ロペス9月19日に予定していたが、トップランクのボブ・アラムは、日程変更して10月3日に開催を予定しているとボクシングシーン.comに水曜(日本木曜)コメントした。 速報【ロマチェンコvsテオフィモ・ロペス】日程変更、10月18日開催予定! ボクシングの4団体世界ライト級王座統一戦が17日(日本時間18日)、米ラスベガスで行われ、ibf世界ライト級王者テオフィモ・ロペス(米国)が、3団体同級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に3-0の判定勝ち(116-112、119-109、117-111)した。 プロボクシング・IBF世界ライト級タイトルマッチが14日、NYのマディソン・スクエアガーデンで行われます。王者リチャード・コミー選手(ガーナ)に挑むのは、地元NY出身のテオフィモ・ロペス選手です。, ライト級といえばPFPNo1の〝世界最強〟ロマチェンコ選手が君臨。「コミーvsロペス」の勝者が今後ロマチェンコ選手と雌雄を決するとみられます。, 今回の挑戦者テオフィモロペス選手とはどんなボクサーなのか。その戦績や強さを探りました。, テオフィモロペス選手はまだ弱冠21歳の若さ。NYブルックリン生まれ、ブルックリン在住という生粋のニューヨーカー。ホンジュラス系米国人でもあり、アマ時代にはホンジュラス代表としてリオ五輪に出場しています。, 将来ロマチェンコ選手と闘うかもしれない、米期待のホープ・テオフィモロペス選手の基本情報や戦績一覧をまとめました。, プロで14戦無敗を続けるテオフィモロペス選手。KOも多い戦績通りの強打者で、コンテンダーのメナード選手を1R、マグダレノ選手を7Rで沈めるなど、パワーは激烈です。, スタイルはオーソドックスで、ガードを高く上げて中間距離からワンツーを放つタイプ。ガードの上からも効く硬質な右フックも持ち味です。相手が間合いを詰めてこないとなるとワンツーとボディを出して体力削り続けるなど、クレバーさも持ち合わせています。, 若くしてトップランクと契約、米国内でも将来を嘱望される人気選手ですが、問題は「態度の悪さ」。ロマチェンコ選手を常に挑発したり、マグダレノ選手のKO後、ダンスを踊って相手を愚弄するなど不遜な振る舞いが多く、批判されることも多い〝悪童〟でもあります。, 順調な戦績を重ねてきたロペス選手ですが、前戦ではちょっとつまずきも。やはり18戦無敗だった日本の中谷正義選手と王座挑戦権をかけて7月に対戦し、ジャブを多く被弾するなど長い間合いとリーチの中谷選手にまさかの大苦戦。大差判定勝ちしたもののかなり評価を落としてしまいました。, 初の世界挑戦となるコミー戦はまさにキャリア最大のヤマ場。勝つのは無論当然として、しっかりした内容を見せることもロマチェンコ戦を見据えると重要になりそうです。, Oh, plus a @TeofimoLopez cameo at @TheGarden to catch the @NYRangers.   ボクシングの世界ライト級3団体統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)とIBF同級王者テオフィモ・ロペス(米国)は、17日(日本時間18日)に米ラスベガスの4団体統一戦で激突。試合前に米興行大手・トップランク社は両者が会場入りする様子の動画を公開すると、米ファンから「ロペス夫人、キュートだね」「ロペスはジェントルマン」と注目が集まっている。, 愛する妻と出陣した。会場入りするロペスの動画。マスクと上下のジャージを黒で統一した若き王者の隣には、美しい妻がいた。手を繋いで寄り添って歩いている。こちらは黒のタイトな装いだ。ロペスは最後にカメラに向かってピースサインを送っている。, 2人は昨年結婚。トップランク社は「メインカードがチェンクイン。ここからフィニッシュラインまではお決まりのこと」と動画を公開。米ファンから「ロペスはジェントルマン」「待ちきれない」「レッツゴー」「素晴らしい試合になる」「ロペス夫人、キュートだね」「ロペスの歩きが物語っている。やるべきことをやるべく来た」「彼と夫人、もろともKO食らうぞ」と注目が集まっている。, 勝てば4団体統一となる今年最大級のビッグマッチ。23歳の王者は下剋上できるのだろうか。(THE ANSWER編集部), 【動画】「夫人がキュート」と米注目! 妻の“勝負服”は…ロペスが美人妻と手を繋いで会場入りする実際の動画(2本目), ロマチェンコに通用する!? キャラ」ランキング。   いつもはグータ[…], 「ボクシング記事一覧リンク集」へ戻る   新型コロナウイルスの影響で思うように興行が開催できない日本ボクシング界。TOP RANKと契約して[…], 「ボクシング記事一覧リンク集」へ戻る   先日「AERA dot.」に下記の記事が掲載され、ボクシング界隈がちょろっとざわついた。 年収30[…], ノニト・ドネアの相手がロドリゲスに変更? ジャッジは、3-0の判定でロペスを支持。 テオフィモ・ロペスの12r判定勝利(116-112、118-109、117-111)。 この判定を聞いて、非常にびっくりしました。前半は、クリーンヒットが少なかった、というかほぼなかったロペス。あまりにも少ない手数のロマチェンコ。 テオフィモロペスの戦績.

ロペスの“衝撃KO3連発”に海外冷静「ロマには程遠い」.   何よりライト級は両者にとって負担が大き過ぎる。 テオフィモロペス選手はまだ弱冠 21歳 の若さ。 nyブルックリン生まれ、ブルックリン在住という生粋のニューヨーカー。ホンジュラス系米国人でもあり、アマ時代には ホンジュラス代表としてリオ五輪に出場 しています。.

僕のパウンド・フォー・パウンド(P4P)2020年4月バージョン完結編。僕がいいと思う選手を好き勝手に挙げて語るの巻 ©Copyright2020 ボクシングアート.All Rights Reserved. なお今回の判定結果を受けて再戦か? 【DAZN放送予定】ボクシング放送が熱い。ジョシュア、カネロ、ゴロフキン! 時おり身体を伸ばしてボディに右を突き刺し、とにかくロマチェンコに自分の距離を作らせない。

new! 一方、敗れたロマチェンコだが、こちらは完全にスピード&パワーの前に屈した感が強い。 ホルヘ・リナレス戦やホセ・ペドラサ戦ではサイドに回り込むまでにはいかないにしろ、中間距離での差し合いで常に上回ることで試合をコントロールして見せた。 テオフィモ・ロペス 2020.10.16 2020.08.13 ボクシングアート管理人 【交渉進展】『ロマチェンコvsテオフィモ・ロペス』10月18日開催決定!

貴景勝 思わぬ「副産物」励みに 普段のL字気味の構えをやや緩く、いつも以上に左を自由に動かせるように。 new! テオフィモを観てると筋トレしたくなる。リチャード・コミーを2RTKOに下して初戴冠。やっぱり中谷正義引退は惜しいよね

ただでさえ減量苦な上にこれからどんどん身体が大きくなるロペスに対し、ロマチェンコは自分よりも一回り大きな相手を技巧で抑えきれなくなってきている(勝てないとは言ってないです。念のため)。 2Rの前半にロペスの右でガードごとすっ飛ばされたのはかなりの衝撃だったし、あの1発で一気に警戒心を高めた印象。 もちろんロペスが予想以上にうまかったこと、対策をバッチリ遂行したことは大きいが、それと同じくらいロマチェンコのパワー負けもあったと思う。

119-110は無いだろう‥。 https://t.co/F4RyZeRDXQ, — いごっそう612 (@jonitapiaboxing) October 18, 2020, ボクシングの試合結果、ボクシングの事全般!ボクサーならではの筋肉トレ―ニング、筋トレグッズなどについて語ります, 井上尚弥 VS ファン・カルロス・パヤノ 結果速報!( WBSSバンタム級トーナメント準々決勝). いわゆる“ビッグマッチ”と呼べる試合は2020年2月のデオンティ・ワイルダーvsタイソン・フューリーVol.2以来ということで、本当に久しぶりの注目試合だったわけだが……。 ボクシングアート管理人, 【WOWOW】井上尚弥11月1日生中継!登録タイミング とにかくロマチェンコが相手とのフィジカル差を埋められずにねじ伏せられたという事実に僕は結構驚いている。 久しぶりのエロール・スペンスJr.がダニー・ガルシア相手の防衛戦。ダニガルさんも結構がんばると思うけど、スペンスのコンディション次第ですかね, 井上拓真vs栗原慶太のOPBFタイトルマッチだって。1ミクロンも思い入れがない両選手だけど、おもしろそうな試合ではあるよね【予想・展望】, アーノルド・バルボサvsアレックス・サウセドとかいうセミファイナル感満載の好試合。地味強バルボサはバドゥ・ジャックっぽくて好き【結果・感想】, 「普段はグータラだけどやるときゃやる!!

  10位ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン) 9位ジョシュ・テイラー(イギリス) 8位ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ) 7位ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ) 6位テオフィモ・ロペス…   テオフィモ・ロペスvsワシル・ロマチェンコ 火に油を注ぐ採点 私はロマチェンコとテオフィモのどちらかを贔屓にしているわけではないので普通にボクシングを楽しむことができましたが、ロマチェンコのファンはあまり納得がいっていないようで、日本だと特に議論を呼んでいる気がします。 井上拓真vs栗原慶太のOPBFタイトルマッチだって。1ミクロンも思い入れがない両選手だけど、おもしろそうな試合ではあるよね, 新型コロナウイルスの影響で全世界で興行がストップしていたボクシング界。 試合は序盤から前に出て強烈な左、カウンター気味の右を放つロペスに対し、ロマチェンコは距離をとって左右に動きながら中に入るタイミングをうかがう。   張本智和 W杯2大会連続メダル #CommeyLopez | Dec. 14 | ESPN pic.twitter.com/BB3ZbJqk33, — Top Rank Boxing (@trboxing) 2019年11月21日, サイズ、パワーだけでなく、手数でも上回ったロペスが前半の大半のラウンドでポイントをゲット。8回以降はロマチェンコがほぼ支配し、点差を詰めましたが、最終回を取ったロペスが逃げ切ったという印象。明白なラウンドはロマが多く、接戦ですが、米メディアはほぼ総じてロペス勝利で一致しています。, — daisuke sugiura 杉浦大介 (@daisukesugiura) October 18, 2020, 戦績抜群の期待のホープながら、傲岸不遜で「ヒール」な若武者・テオフィモロペス選手。果たしてロマチェンコ選手の〝難敵〟として行く手を阻めるのか、海外の反応を調べてみました。, テオフィモは父から離れて、他のベテランのトレーナーに師事したほうがいい。メイウェザーのように戦おうとして、むしろピエロのようになってる, テオフィモの父親は、テオフィモがロマに負けたら競技を完全にやめると言ったらしい。ってことはロマがこの親子に引導を渡すわけか, テオは才能はあるが、これまでの対戦相手が全員怖がってるアマチュアファイターのようだっただけ。ロマに挑むのは全く違う話だと思う。テオフィモは謙虚になるべきだ, 彼は将来偉大なチャンピオンになりえる...ボクシングスキル、ハンドスピードとパワーは素晴らしい, テオフィモは確かに良いファイターだが、あまりにも生意気。ロマがこの男を謙虚にするだろう, ロペスは最高だ!スキル、タイミング、パフォーマンスの良さ。彼はアクターでもある。マイキーガルシアやデービスとの対戦が待ちきれない, IBF王者のコミー選手は屈指のハードパンチャーとして知られ、リーチも長く中間距離からでも強烈な一撃でKOできる剛腕。中谷選手を数段パワーアップさせたようなタイプだけに、ロペス選手には大変な難敵といえます。, コミー選手の弱点は「回転力がない」「接近戦に弱い」こととされますが、ロペス選手も接近戦での試合経験がさほどなく、ここは対応力が試されそう。勇気を持って踏み込み、鋭いアッパーやボディをねじ込むことができるか。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 後半に入るとロマチェンコが徐々にペースアップ。間合いとタイミングを掴み、ロープ際でロペスの顔面を跳ね上げるなど劣勢を挽回するラッシュを見せる。   我が阪神タイガース(ファンではない)の2020年助っ人総括。ボーア、サンズ、ガンケル、エドワーズ。異国での変則シーズン、お疲れさまでした, クロフォードvsブルック、案外いい勝負になると思うねんな。ブルックのピーキング次第、前半勝負だけどクロフォードの苦戦もあり得る?【予想・展望】, 辰吉寿以輝vs今村和寛感想。寿以輝はパパ吉に風貌、動きがそっくりやな。サウスポーが苦手っぽいのと、今村選手はやりにくそうだった【結果・感想】, アニメ「Dr.STONE」とかいう少年ジャンプ版美味しんぼ。一つの分野に特化した造詣の深さにタイムスリップを織り交ぜた壮大な科学少年物語【感想】, ロマチェンコvsテオフィモ・ロペス感想。115-113ロペスかな。ロペスの対策が素晴らしかったしやっぱりスピード&パワー大正義【結果・感想】. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ロマチェンコとテオフィモ・ロペスは10月中旬から下旬にかけてライト級統一戦の条件に合意したと情報筋は語った。PPVではなく、ESPNの主役となる戦いに向けて大きな進展がありました‼️, ロペスは報酬に不満があり交渉は難航していたが、ロマチェンコが報酬を下げることで、ロペスの報酬アップとなり、交渉が進んだ。, 試合候補日は10月17日(日本18日)、アメリカ・ラスベガスのMGMグランド・カンファレンスセンター『バブル』で無観客で開催を予定している。, 記事をご観覧頂きありがとうございます。ご意見ご感想、思ったままコメント頂けると幸いです。 僕はこの試合をWOWOWエキサイトマッチで観戦していたのだが、試合後のパツキン西岡利晃解説員の憮然とした表情にじわじわきたことは内緒であるw

有吉ゼミ 激辛 ゲスト 7, Unity Rpg 戦闘 41, しゃべくり007 永野芽郁 動画 10, ディケイドライバー 解析 Pdf 17, Ff14 相方 べったり 30, Tsutaya セルフレジ カードなし 12, 花王 北里大学 界面活性剤 16, 鉄拳 初心者 何から 5, Ps2のソフトを Ps3で やる 方法 12, ドラクエウォーク オートバトル バイシオン 4, 音楽 鳥肌 なぜ 10, アニメ Op 神作画 20, マーラーカオ レシピ 3分クッキング 7, 水星 Daoko 歌詞 意味 17, 北斗晶 息子 ブログ 8, マイクラ 電車mod Pe 37, 仮面ライダーディケイド 映画 ロケ地 4, 慟哭 類語 連想 27, Als 入院 費用 9, シティーズスカイライン マイルストーン 引き継ぎ 8,

Dernières actualités

  • テオフィモ ロペス wiki 10

      俺はロマチェンコが僅差で勝ったと思いましたけどね インターネットにボクシングの素晴らしさを刻み込みます。詳細はこちら. 僕はもう少しロペスが置いてきぼりを食うかなぁと思っていたのだが、予想以上にロマチェンコの動きを捉えていたことに驚いた次第である。   僕のガバガバ採点では115-113、もしくは116-112でロペス。ロマチェンコが勝っていたという声が多いようだが、むしろ僕にはロペスが前半の貯金を守り切った試合に思えた。 多くの方が前半KOならテオフィモ・ロペス、判定ならロマチェンコ、どちらかといえばロマチェンコ有利と予想(僕も)していたと思うが、結果はまさかのロペス判定勝利。もっとも可能性が低いとされていた結果に割と驚いている次第である。 ボクシングの4団体世界ライト級王座統一戦が17日(日本時間18日)、米ラスベガスで行われ、ibf世界ライト級王者テオフィモ・ロペス(米国)が、3団体同級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に3-0の判定勝ち(116-112、119-109、117-111)した。

    何となくだが、かつてニコラス・ウォータースがやろうとしていたことを今回のテオフィモ・ロペスが具現化してくれた気がする。. あからさま過ぎる気が…。採点方法を変えるなら加点方式だろうな, 試合の感想だが、今回はテオフィモ・ロペスのロマチェンコ対策が素晴らしかったのと、スピード&パワーはやはり大正義だなと思わされる試合だった。     さて、いよいよ今年最大のビッグマッチともいわれるワシル・ロマチェンコvsテオフィモ・ロペスの一戦!, ベルランガはかなり体躯が大きく、ボクシングもしっかりしています。スピードもあり、これまで14連続1RKOという記録を打ち立てていますが、ゴングと同時に倒しに行くというスタイルではありません。この1RKOは、パンチ力というものは勿論、相手が弱みを見せた瞬間に襲いかかる、チャンスにおける嗅覚というのが秀でている結果なのかもしれません。, 初回ゴング、ベロウズもなかなかに素早いですが、パンチは打ちっぱなしでガードが空きがちです。これまでKO敗けがないベロウズですが、ベルランガ相手にはこれは危ないのではないでしょうか。, ベルランガは力を込めてパンチを放っていきますが、スピードもあり、隙も少ない。1分過ぎから攻勢にでたベルランガ、一発一発日からを込めて打つスタイルですが、かなり的確に当てていきます。, 相手はガードの上から効いてしまうので、守勢にまわってしまうとどうしようもないかもしれません。ベルランガがラッシュから左フックを当て、ベロウズがふらついた所でレフェリーがストップ。, ベルランガは一発のパンチが強いですが、それが連打で打てる、そしてアングルも多彩。これは相対するとかなりやっかいですね。1RKOというのは試される部分も少ないため、まだ評価は定まりません。そろそろ名のある相手が必要ですね。, 初回、バルボサがサウスポースタイルでスタート。サウセドがプレスをかけますが、バルボサはあまり足でかわさずにサウセドの踏み込みに対してストレートで対抗します。早くも近い距離でパンチを交換しあい、好試合の予感です。, 2Rもバルボサはサウスポーからスタート。サウスポーのバルボサは左ストレートから入るパターンが有効。しかしサウセドが前に出て、ややサウセドの距離のように思います。両者ともに手数が多く、ずっと打ち続けます。, 3R、バルボサが少し闘い方を変えたか、オーソドックススタイルから速いジャブを多用、ステップも滑らかに刻み始めます。サウセドのプレスに負けじとアグレッシブに攻め続けるバルボサ。, 4R、変わらずサウセドはプレス。バルボサはスイッチしながらストレート系のパンチをノーモーションで突き刺します。しかし両者ともすごい手数です。, 5R、バルボサがサイドステップを使い、上手く闘います。特にワンツーのあとの左ストレート、この3つ出すコンビネーションを上手く当てます。サウセドは体ごと突っ込んで距離をつぶしますが、なかなか手が出ません。, 6R、苦しくなってきたサウセドですが、ここはチャージのラウンド。これまでよりも更にプレスを強め、接近戦を仕掛けます。これが奏効し、先程のラウンドと違いたくさん手数が出ます。サウセドは近い距離での打ち合いが非常にテクニカルで、ここに活路を見いだせそうです。, しかし、このラウンド後半にはまた手数が減ってしまい、なかなかバルボサの懐に踏み込めません。, 7R、バルボサのフックをかわしたサウセド、左フックを当て前へ。ここでバルボサがダウン!と思いましたが判定はスリップ。, 8R、前ラウンドでダウンを取られたバルボサ、ポイントを意識してか積極果敢に手を出します。非常にエキサイティングな打ち合い!9Rにもバルボサの右ストレートがヒット、サウセドはバルボサのスピードに対してガードを固めてしまい、手が出ません。, ファイナルラウンド、バルボサが先程のラウンド同様、かろやかなステップからスピーディなコンビネーション。サウセドもこれが最後と気合を入れて攻め込みます。, ハーフタイム、左フックの相打ち!バルボサの方がダメージがあるように見えましたが、サウセドも攻め込む事はできませんでした。, 素晴らしい闘いとなったこのセミファイナル。ともに好戦的であり、距離も似たようなものです。至近距離ではサウセドに分があるように見えましたが、バルボサはジャブ、ストレートを上手く突き刺し、更にステップワークを織り込んで至近距離で闘うのを極力避けました。, そしてこの激戦区、スーパーライト級の世界ランカー対決を経て、おそらく次期世界挑戦者としての地位を確立したと思われるアーノルド・バルボサJr。これからも楽しみなボクサーです。, 初回、ロペスはプレッシャーをかけ、速いジャブで様子を探ります。ロマチェンコはステップと上体の動きのみで相手を観察。ロマチェンコはロペスの一発を警戒し、まずはかなりディフェンシブな闘い方です。, ロペスのハンドスピードはかなり速いですね。ロマチェンコは速いというよりも動きの効率が最短で効率が良い。, 2Rに入ってもロマチェンコはまだロペスを観察。ロマチェンコはテクニカルに左のダブルを当てますが、ロペスはケロリとしていますし、全く気に留めない様子です。その後もロマチェンコのコンビネーションがロペスにヒット?速すぎて見えません。, 3R、まだ慎重に闘うロマチェンコ。。。ロペスは常にプレスをかけ続けますが、ロマチェンコはまるでタッチゲームのようなボクシングです。ロペスは右をボディに持っていくのですが、これは顔面へ打つよりも届く確率が高く、有効に見えます。, ともにクリーンヒットはほぼないですが、ロペスの左目付近は腫れてきているようです。時折出すロマチェンコの右フックが当たっているようです。, 4R、ロマチェンコはいつものサイドステップを駆使した波状攻撃が出せません。これはロペスのパワー、プレッシャーがそうさせるのでしょう。時折攻めるロマチェンコですが、ロペスはそのスピードに動じることなく対応しますので、それ以上踏み込めません。, 5R、相変わらず手が殆ど出ないロマチェンコ。これは大丈夫なのでしょうか。。。?どんなファイトプランかわかりませんが、パンチを出さなければポイントは奪えないような気がします。, ロマチェンコは警戒しすぎなのか、ほとんどの時間をディフェンスに使い、時折ロペスの打ち終わりにジャブを当てます。しかしこの闘い方ではロペスを疲れさせる事もできないと思われますが。。。, 6R、もう半分!アクションが少なく、凡戦といっても差し支えないと思うのですが、緊張感はものすごいという不思議な試合でもあります。あっという間に時間が過ぎていきますね。, ロマチェンコはロペスの攻撃をほぼ見切っているように見えます。最小の動きでロペスの攻撃をかわし、いなし、ガードします。しかしロマチェンコもほぼジャブしか当たりませんし、稀に当たるストレートも浅い。, ロペスがジャブを打った直後にロマチェンコがジャブを返すのですが、そのタイミングは素晴らしいですね。そこから攻められればもっといいのでしょうが、警戒心の強いロマチェンコはそれ以上は行きません。, 7R、ロペスが速いコンビネーションをロマチェンコに打ち込みます。右ボディはロマチェンコにしっかりと届き、当たりませんが右アッパーは危険なタイミングで出されます。, 8R、いよいよロマチェンコが前に出てきます。ここでロマチェンコはショートの左を当てますが、その後バッティング。攻め時でしたが。。。, ロマチェンコが前に行くのに合わせてロペスの右ストレートが繰り出されます。ロマチェンコはガードしますが吹き飛ばされるというパワーの差。, しかしロマチェンコはここからこの試合初めての波状攻撃をロペスに打ち込み、攻勢をアピールします。これぞロマチェンコ!, 9R、活発になってきたロマチェンコ。左ストレートを多用するようになってきます。しかしここでロペスのカウンターもヒット。ロペスは体が強く、ロマチェンコのジャブでは全く止まらない辺りが非常に怖いです。, 10R、ロマチェンコがプレッシャーを与えていきます。ジャブを打ってサイドから攻め、近い距離でパンチが交錯。ロペスはストレートで押しのけ、右アッパーを狙いますがロマチェンコのジャブで顔を跳ね上げられる事数度。, 11R、早くもチャンピオンシップラウンドに突入。ロマチェンコはプレッシャーを強め、ロペスがロープにつまる場面も。ロマチェンコが強いジャブを起点にコンビネーションで攻め込み、ロペスが一発返してロマチェンコを押しのけるという展開。, ロマチェンコらしさは全開。しかしロペスは負けじと返し、ボディはやはり効果的に見えます。, ファイナルラウンドもロマチェンコがプレッシャーをかけます。それでもロペスの攻撃力はまだ健在なため、警戒を怠りません。特に顔面への攻撃は、12R通じてほとんどもらっていないと思いますが、逆に言うと1発でも当たると非常に危険なのでしょう。, ガードの上からでもダメージを与えられそうなロペスのパンチ、そのパンチ音も含めて見栄えが良いのかもしれません。, テオフィモ・ロペスの12R判定勝利(116-112、118-109、117-111)。, この判定を聞いて、非常にびっくりしました。前半は、クリーンヒットが少なかった、というかほぼなかったロペス。あまりにも少ない手数のロマチェンコ。どちらに割り振るか非常に難しい前半でした。, 私は8R以降は、ロマチェンコが支配したといっていいと思うのですが、その前のラウンドについてはどちらに割り振ってもおかしくない、とも思います。, なので、ロペスびいきの判定をしたとしても、個人的には許容範囲は116-112までですね。。。, ただ、2Rや6Rもロマチェンコに与えて良いようなラウンドだと思っているので、私はドローが妥当かと思っています。いわゆる地元判定に近いものだと感じてしまいますが、どうなんでしょうか。(私はユーリ阿久井政悟vs藤北誠也を結果を知らずにBOXING RAISEで観戦するために10/19までネット断ち状態です。), ロマチェンコを応援していた私としては、私がネットを見た時には採点の問題で物議を醸していることを少し期待しておきます。, フィジカルに勝り、スピード、パワーともに素晴らしかったロペス。ロマチェンコの最短距離で飛んでくるパンチに対しても反応も良かったですし、慌てず、一歩も退かず、ほとんどの時間を前に出続けました。, そしてロマチェンコ、敗けたとはいえこれまでの偉業がなかったことにはなりません。そして、警戒しすぎたという感じはありますが、スーパーフェザー級がベストとも言われるロマチェンコ、大きい相手に対してよく戦ったと思います。, ロペスが勝つとは本当に思っていなかったので、本当にビックリです。そして私も勿論大好きなロマチェンコ、正直とてもショックです。, 信太です!いちボクシングファンとしてボクシングを楽しみつつ、アマチュアボクシングのコーチをしています!, boxingcafeさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog

    All Rights Reserved.

      ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)

    【ボクシング勝敗予想アンケート・投票】   ライト級統一戦ロマチェンコvsテオフィモ・ロペス9月19日に予定していたが、トップランクのボブ・アラムは、日程変更して10月3日に開催を予定しているとボクシングシーン.comに水曜(日本木曜)コメントした。 速報【ロマチェンコvsテオフィモ・ロペス】日程変更、10月18日開催予定! ボクシングの4団体世界ライト級王座統一戦が17日(日本時間18日)、米ラスベガスで行われ、ibf世界ライト級王者テオフィモ・ロペス(米国)が、3団体同級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に3-0の判定勝ち(116-112、119-109、117-111)した。 プロボクシング・IBF世界ライト級タイトルマッチが14日、NYのマディソン・スクエアガーデンで行われます。王者リチャード・コミー選手(ガーナ)に挑むのは、地元NY出身のテオフィモ・ロペス選手です。, ライト級といえばPFPNo1の〝世界最強〟ロマチェンコ選手が君臨。「コミーvsロペス」の勝者が今後ロマチェンコ選手と雌雄を決するとみられます。, 今回の挑戦者テオフィモロペス選手とはどんなボクサーなのか。その戦績や強さを探りました。, テオフィモロペス選手はまだ弱冠21歳の若さ。NYブルックリン生まれ、ブルックリン在住という生粋のニューヨーカー。ホンジュラス系米国人でもあり、アマ時代にはホンジュラス代表としてリオ五輪に出場しています。, 将来ロマチェンコ選手と闘うかもしれない、米期待のホープ・テオフィモロペス選手の基本情報や戦績一覧をまとめました。, プロで14戦無敗を続けるテオフィモロペス選手。KOも多い戦績通りの強打者で、コンテンダーのメナード選手を1R、マグダレノ選手を7Rで沈めるなど、パワーは激烈です。, スタイルはオーソドックスで、ガードを高く上げて中間距離からワンツーを放つタイプ。ガードの上からも効く硬質な右フックも持ち味です。相手が間合いを詰めてこないとなるとワンツーとボディを出して体力削り続けるなど、クレバーさも持ち合わせています。, 若くしてトップランクと契約、米国内でも将来を嘱望される人気選手ですが、問題は「態度の悪さ」。ロマチェンコ選手を常に挑発したり、マグダレノ選手のKO後、ダンスを踊って相手を愚弄するなど不遜な振る舞いが多く、批判されることも多い〝悪童〟でもあります。, 順調な戦績を重ねてきたロペス選手ですが、前戦ではちょっとつまずきも。やはり18戦無敗だった日本の中谷正義選手と王座挑戦権をかけて7月に対戦し、ジャブを多く被弾するなど長い間合いとリーチの中谷選手にまさかの大苦戦。大差判定勝ちしたもののかなり評価を落としてしまいました。, 初の世界挑戦となるコミー戦はまさにキャリア最大のヤマ場。勝つのは無論当然として、しっかりした内容を見せることもロマチェンコ戦を見据えると重要になりそうです。, Oh, plus a @TeofimoLopez cameo at @TheGarden to catch the @NYRangers.   ボクシングの世界ライト級3団体統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)とIBF同級王者テオフィモ・ロペス(米国)は、17日(日本時間18日)に米ラスベガスの4団体統一戦で激突。試合前に米興行大手・トップランク社は両者が会場入りする様子の動画を公開すると、米ファンから「ロペス夫人、キュートだね」「ロペスはジェントルマン」と注目が集まっている。, 愛する妻と出陣した。会場入りするロペスの動画。マスクと上下のジャージを黒で統一した若き王者の隣には、美しい妻がいた。手を繋いで寄り添って歩いている。こちらは黒のタイトな装いだ。ロペスは最後にカメラに向かってピースサインを送っている。, 2人は昨年結婚。トップランク社は「メインカードがチェンクイン。ここからフィニッシュラインまではお決まりのこと」と動画を公開。米ファンから「ロペスはジェントルマン」「待ちきれない」「レッツゴー」「素晴らしい試合になる」「ロペス夫人、キュートだね」「ロペスの歩きが物語っている。やるべきことをやるべく来た」「彼と夫人、もろともKO食らうぞ」と注目が集まっている。, 勝てば4団体統一となる今年最大級のビッグマッチ。23歳の王者は下剋上できるのだろうか。(THE ANSWER編集部), 【動画】「夫人がキュート」と米注目! 妻の“勝負服”は…ロペスが美人妻と手を繋いで会場入りする実際の動画(2本目), ロマチェンコに通用する!? キャラ」ランキング。   いつもはグータ[…], 「ボクシング記事一覧リンク集」へ戻る   新型コロナウイルスの影響で思うように興行が開催できない日本ボクシング界。TOP RANKと契約して[…], 「ボクシング記事一覧リンク集」へ戻る   先日「AERA dot.」に下記の記事が掲載され、ボクシング界隈がちょろっとざわついた。 年収30[…], ノニト・ドネアの相手がロドリゲスに変更? ジャッジは、3-0の判定でロペスを支持。 テオフィモ・ロペスの12r判定勝利(116-112、118-109、117-111)。 この判定を聞いて、非常にびっくりしました。前半は、クリーンヒットが少なかった、というかほぼなかったロペス。あまりにも少ない手数のロマチェンコ。 テオフィモロペスの戦績.

    ロペスの“衝撃KO3連発”に海外冷静「ロマには程遠い」.   何よりライト級は両者にとって負担が大き過ぎる。 テオフィモロペス選手はまだ弱冠 21歳 の若さ。 nyブルックリン生まれ、ブルックリン在住という生粋のニューヨーカー。ホンジュラス系米国人でもあり、アマ時代には ホンジュラス代表としてリオ五輪に出場 しています。.

    僕のパウンド・フォー・パウンド(P4P)2020年4月バージョン完結編。僕がいいと思う選手を好き勝手に挙げて語るの巻 ©Copyright2020 ボクシングアート.All Rights Reserved. なお今回の判定結果を受けて再戦か? 【DAZN放送予定】ボクシング放送が熱い。ジョシュア、カネロ、ゴロフキン! 時おり身体を伸ばしてボディに右を突き刺し、とにかくロマチェンコに自分の距離を作らせない。

    new! 一方、敗れたロマチェンコだが、こちらは完全にスピード&パワーの前に屈した感が強い。 ホルヘ・リナレス戦やホセ・ペドラサ戦ではサイドに回り込むまでにはいかないにしろ、中間距離での差し合いで常に上回ることで試合をコントロールして見せた。 テオフィモ・ロペス 2020.10.16 2020.08.13 ボクシングアート管理人 【交渉進展】『ロマチェンコvsテオフィモ・ロペス』10月18日開催決定!

    貴景勝 思わぬ「副産物」励みに 普段のL字気味の構えをやや緩く、いつも以上に左を自由に動かせるように。 new! テオフィモを観てると筋トレしたくなる。リチャード・コミーを2RTKOに下して初戴冠。やっぱり中谷正義引退は惜しいよね

    ただでさえ減量苦な上にこれからどんどん身体が大きくなるロペスに対し、ロマチェンコは自分よりも一回り大きな相手を技巧で抑えきれなくなってきている(勝てないとは言ってないです。念のため)。 2Rの前半にロペスの右でガードごとすっ飛ばされたのはかなりの衝撃だったし、あの1発で一気に警戒心を高めた印象。 もちろんロペスが予想以上にうまかったこと、対策をバッチリ遂行したことは大きいが、それと同じくらいロマチェンコのパワー負けもあったと思う。

    119-110は無いだろう‥。 https://t.co/F4RyZeRDXQ, — いごっそう612 (@jonitapiaboxing) October 18, 2020, ボクシングの試合結果、ボクシングの事全般!ボクサーならではの筋肉トレ―ニング、筋トレグッズなどについて語ります, 井上尚弥 VS ファン・カルロス・パヤノ 結果速報!( WBSSバンタム級トーナメント準々決勝). いわゆる“ビッグマッチ”と呼べる試合は2020年2月のデオンティ・ワイルダーvsタイソン・フューリーVol.2以来ということで、本当に久しぶりの注目試合だったわけだが……。 ボクシングアート管理人, 【WOWOW】井上尚弥11月1日生中継!登録タイミング とにかくロマチェンコが相手とのフィジカル差を埋められずにねじ伏せられたという事実に僕は結構驚いている。 久しぶりのエロール・スペンスJr.がダニー・ガルシア相手の防衛戦。ダニガルさんも結構がんばると思うけど、スペンスのコンディション次第ですかね, 井上拓真vs栗原慶太のOPBFタイトルマッチだって。1ミクロンも思い入れがない両選手だけど、おもしろそうな試合ではあるよね【予想・展望】, アーノルド・バルボサvsアレックス・サウセドとかいうセミファイナル感満載の好試合。地味強バルボサはバドゥ・ジャックっぽくて好き【結果・感想】, 「普段はグータラだけどやるときゃやる!!

      10位ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン) 9位ジョシュ・テイラー(イギリス) 8位ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ) 7位ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ) 6位テオフィモ・ロペス…   テオフィモ・ロペスvsワシル・ロマチェンコ 火に油を注ぐ採点 私はロマチェンコとテオフィモのどちらかを贔屓にしているわけではないので普通にボクシングを楽しむことができましたが、ロマチェンコのファンはあまり納得がいっていないようで、日本だと特に議論を呼んでいる気がします。 井上拓真vs栗原慶太のOPBFタイトルマッチだって。1ミクロンも思い入れがない両選手だけど、おもしろそうな試合ではあるよね, 新型コロナウイルスの影響で全世界で興行がストップしていたボクシング界。 試合は序盤から前に出て強烈な左、カウンター気味の右を放つロペスに対し、ロマチェンコは距離をとって左右に動きながら中に入るタイミングをうかがう。   張本智和 W杯2大会連続メダル #CommeyLopez | Dec. 14 | ESPN pic.twitter.com/BB3ZbJqk33, — Top Rank Boxing (@trboxing) 2019年11月21日, サイズ、パワーだけでなく、手数でも上回ったロペスが前半の大半のラウンドでポイントをゲット。8回以降はロマチェンコがほぼ支配し、点差を詰めましたが、最終回を取ったロペスが逃げ切ったという印象。明白なラウンドはロマが多く、接戦ですが、米メディアはほぼ総じてロペス勝利で一致しています。, — daisuke sugiura 杉浦大介 (@daisukesugiura) October 18, 2020, 戦績抜群の期待のホープながら、傲岸不遜で「ヒール」な若武者・テオフィモロペス選手。果たしてロマチェンコ選手の〝難敵〟として行く手を阻めるのか、海外の反応を調べてみました。, テオフィモは父から離れて、他のベテランのトレーナーに師事したほうがいい。メイウェザーのように戦おうとして、むしろピエロのようになってる, テオフィモの父親は、テオフィモがロマに負けたら競技を完全にやめると言ったらしい。ってことはロマがこの親子に引導を渡すわけか, テオは才能はあるが、これまでの対戦相手が全員怖がってるアマチュアファイターのようだっただけ。ロマに挑むのは全く違う話だと思う。テオフィモは謙虚になるべきだ, 彼は将来偉大なチャンピオンになりえる...ボクシングスキル、ハンドスピードとパワーは素晴らしい, テオフィモは確かに良いファイターだが、あまりにも生意気。ロマがこの男を謙虚にするだろう, ロペスは最高だ!スキル、タイミング、パフォーマンスの良さ。彼はアクターでもある。マイキーガルシアやデービスとの対戦が待ちきれない, IBF王者のコミー選手は屈指のハードパンチャーとして知られ、リーチも長く中間距離からでも強烈な一撃でKOできる剛腕。中谷選手を数段パワーアップさせたようなタイプだけに、ロペス選手には大変な難敵といえます。, コミー選手の弱点は「回転力がない」「接近戦に弱い」こととされますが、ロペス選手も接近戦での試合経験がさほどなく、ここは対応力が試されそう。勇気を持って踏み込み、鋭いアッパーやボディをねじ込むことができるか。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 後半に入るとロマチェンコが徐々にペースアップ。間合いとタイミングを掴み、ロープ際でロペスの顔面を跳ね上げるなど劣勢を挽回するラッシュを見せる。   我が阪神タイガース(ファンではない)の2020年助っ人総括。ボーア、サンズ、ガンケル、エドワーズ。異国での変則シーズン、お疲れさまでした, クロフォードvsブルック、案外いい勝負になると思うねんな。ブルックのピーキング次第、前半勝負だけどクロフォードの苦戦もあり得る?【予想・展望】, 辰吉寿以輝vs今村和寛感想。寿以輝はパパ吉に風貌、動きがそっくりやな。サウスポーが苦手っぽいのと、今村選手はやりにくそうだった【結果・感想】, アニメ「Dr.STONE」とかいう少年ジャンプ版美味しんぼ。一つの分野に特化した造詣の深さにタイムスリップを織り交ぜた壮大な科学少年物語【感想】, ロマチェンコvsテオフィモ・ロペス感想。115-113ロペスかな。ロペスの対策が素晴らしかったしやっぱりスピード&パワー大正義【結果・感想】. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ロマチェンコとテオフィモ・ロペスは10月中旬から下旬にかけてライト級統一戦の条件に合意したと情報筋は語った。PPVではなく、ESPNの主役となる戦いに向けて大きな進展がありました‼️, ロペスは報酬に不満があり交渉は難航していたが、ロマチェンコが報酬を下げることで、ロペスの報酬アップとなり、交渉が進んだ。, 試合候補日は10月17日(日本18日)、アメリカ・ラスベガスのMGMグランド・カンファレンスセンター『バブル』で無観客で開催を予定している。, 記事をご観覧頂きありがとうございます。ご意見ご感想、思ったままコメント頂けると幸いです。 僕はこの試合をWOWOWエキサイトマッチで観戦していたのだが、試合後のパツキン西岡利晃解説員の憮然とした表情にじわじわきたことは内緒であるw

    有吉ゼミ 激辛 ゲスト 7, Unity Rpg 戦闘 41, しゃべくり007 永野芽郁 動画 10, ディケイドライバー 解析 Pdf 17, Ff14 相方 べったり 30, Tsutaya セルフレジ カードなし 12, 花王 北里大学 界面活性剤 16, 鉄拳 初心者 何から 5, Ps2のソフトを Ps3で やる 方法 12, ドラクエウォーク オートバトル バイシオン 4, 音楽 鳥肌 なぜ 10, アニメ Op 神作画 20, マーラーカオ レシピ 3分クッキング 7, 水星 Daoko 歌詞 意味 17, 北斗晶 息子 ブログ 8, マイクラ 電車mod Pe 37, 仮面ライダーディケイド 映画 ロケ地 4, 慟哭 類語 連想 27, Als 入院 費用 9, シティーズスカイライン マイルストーン 引き継ぎ 8, ...
  • ACUERDO ENTRE LA UPV Y EL GRUPO MAZO
    El propósito principal es iniciar una colaboración ...
  • FORMACIÓN RENAULT TRUCKS
    Hemos retomado la formación presencial cumpliendo ...